2011年11月29日

超高性能住宅用インバーターエアコン (生活体験6)


大都市の片道2車線以上の道路。
時速60キロのスピードと、時速30キロのスピードで自動車が走った場合、どちらの方がガソリンの使用量が少ないか・・・・という実験を何ヶ月か前のテレビでやっていた。
私は、当然30キロのスピードの方の燃費が少なくて済むと考えた。
ところが結果は逆。 時速60キロの方が少なかった。

何故かと言うと、スピードが遅い時速30キロ走行だと赤信号に捕まる確率が高くなる。
このため、常にアイドリング運転と急発進を繰り返さねばならない。
急発進の回数が時速60キロの場合に比べて格段に多くなる。
これが大都会の一般道路ではなく、赤信号のない高速道路での50キロ運転と100キロ運転だと、100キロ運転の方が時間は早いが エネルギーは余分にかかる。
これに対して信号の多い大都市でのノロノロ運転では、時間もかかるし燃費も嵩む。
したがって、制限速度の最高速度で走った方がもっとも経済的だと教わった。

20年前までは、毎年のようにアメリカやカナダを訪れていた。
初期はツーバィフォーの合理的な生産・流通・販売・職人教育システムを究明するためであり、後半はカナダのR-2000住宅という当時では世界で一番科学された高気密・高断熱の理論とシステムを学ぶためであった。
季節が春とか秋だったらよい。
冬とか夏の場合は、どのホテルに泊まっても、またレンタカーでモーテルを選んでも、一晩中 空調機の騒音に悩ませられた。
カナダのロッキー山脈の山麓のホテルの場合は、温水パネルの輻射暖房だったのでホコリも少なく安眠が出来た。
しかし、バンクーバーをはじめとした大都市のホテルは、冬の暖房以外に夏の冷房運転が必要なためにいずれもエアコン方式。一晩中騒音が鳴り響いていた。
しかも東海岸の冬は日本の表日本と同様に超乾燥。科学繊維の厚いカーペットの廊下に立ってドアのノブに触れると指先に静電気が走り、思わず声を出さされる。

世界で、一番早くインバーターエアコンを開発し、その普及率が100%というのは地球上日本だけ。
インバーターというのは周波数変換装置のことで、電圧、電流、周波数をコントロールする技術。
エアコンの心臓部のヒートポンプを動かすには、インバーター以前はON、OFFしかなかった。
しかし、現在ではコンプレッサー (圧縮機) やファンを動かすモーターの回転数はインバーターで細かく制御。温度差がある時は高速運転し、温度が一定になると低速運転。
しかもCOPが4〜6というヒートポンプが採用されており、日本のエアコンは世界一省エネ。
10年前にダイキンの工博がアメリカの需要開拓に出発する直前に、いろいろ情報交換をさせてもらったが、インバーターエアコンの普及は下記の図のとおりで、世界的にはまだまだ低い。
アメリカのホテルや住宅のセントラル空調換気システムで、その後どれだけインバーターエアコンが普及したかは確かめていない。
いまでも、夏と冬の旅行では 悩ませられているかも知れない。

http://www.daikin.co.jp/csr/information/lecture/act01.html

さて、何が言いたいのかというと、超高気密住宅では、先に書いたようにインバーターエアコンが低速運転というよりも、ほとんど動いていない。20分休んで5分運転というような状態をよく見かける。
だとしたら、例えは8kWの機種ではなく、2kWの機種にして、より運転時間を長くした方が得ではないかという素人の発想。
赤信号で停車し、急発進を繰り返すのではなく、トロトロと走り続ける方が省エネになるのではないかという思いつき。

超高気密住宅用インバーターエアコンとして、この燃費比較実験を メーカーにお願いしたくなってきた。


posted by x-unoblog at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。