2007年09月04日

2階配管工事 (配管7)



2階への配管は、玄関脇と家事室脇の2ヶ所で、まとめて上げられた。

RIMG2139.JPG

これがメインの家事室脇。
4インチ管のほかに4本の排水管に断熱材の被覆がなされている。
このほかに給水管と給湯管で計7本。

RIMG2362.JPG

これらが順番に立ち上げられ、根太を抜いてそれぞれの所定の位置にまで接続されてゆく。

RIMG2381.JPG

RIMG2365.JPG

見ていて配管工が一番手間取っていたのは根太の貫通。
LSL(ランバーストランド)はやたらに硬い。
ちょっとやそっとでは穴が開いてくれない。
しかも排水管の穴は大きい。
配線の穴だとなんとかドライバーで処理できるが、狭い根太の間に3インチ以上の穴をあける器械が簡単に入ってくれない。
ドライバーを何回となく使い、やっとここじあけていた。
しかも、配線が先行されているので、作業の出来る範囲が極端に限られている。

根太に平行する排水管は比較的容易だが、これもブロッキングの貫通に一苦労。
LSLを多用したS邸では、電気、配管、ダクトの工事で、穴をあけるために10人工ぐらい余分な手間暇がかかっているように感じられた。

RIMG2373.JPG

2階の浴室兼作業室。
一段下がっているので、バリアフリーの仕上げとなる。

RIMG2372.JPG

固定された給水と給湯管。
気密用に断熱材が注入されている。
その手前下の四角い窯業系の板。
赤丸が張られているのが排水管。


posted by x-unoblog at 10:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 配管 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オレ 酒井さん好きなんだよね 40冊くらい持ってるわ酒井さんの本 あみなちやんの3部作を買った
Posted by 大島優子のオっパ動? at 2013年07月07日 15:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53880255

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。